水槽台・水槽マット・バックスクリーン

水槽用バックスクリーンは必要?効果やデメリットは?

水槽用バックスクリーンは必要?効果やデメリットは?

水槽用バックスクリーンを知らないという方や、どのような効果があるのかがわからず使用していないという方は意外と多いと思います。

ここでは水槽用バックスクリーンの役割や効果、デメリットについて詳しく解説し、本当に必要であるかどうかを考えていきたいと思います。




水槽用バックスクリーンとは、水槽の背面や側面に貼り付ける様々な色や柄のフィルムや板のことです。

水槽用バックスクリーンとは?水槽の背面や側面に貼り付ける様々な色や柄のフィルムや板

水槽の見た目が良くなるだけではなく、様々な効果があります。

水槽用バックスクリーン
各メーカーより様々な水槽用バックスクリーンが販売されています。

水槽用バックスクリーンの効果

水槽用バックスクリーンの効果は以下の通りです。

① 水槽の見た目が良くなる

水槽用バックスクリーンを貼ることにより、水槽の見た目が良くなります。

きれいな水景の写真のバックスクリーンであれば、水槽内に水草や流木を入れなくても美しい水槽を演出できますし、無地のバックスクリーンであれば水槽の見た目を引き締める効果があります。

② ヒーターのコードやエアレーションのチューブを隠せる

水槽内にヒーターやエアレーションを設置した場合、ヒーターのコードやエアレーションのチューブ、配管などは水槽の裏を通すことが多いと思いますが、水槽背面が透明だとそれらが丸見えで少し格好悪いです。

背面に水槽用バックスクリーンを使用すると、水槽の裏を通した配線が見えなくなります。

水槽用バックスクリーンでヒーターやエアレーションなどのコードやチューブ、配管を隠す

多少配線がごちゃごちゃしていても、水槽の後ろに回してしまえば気にならなくなるので良いです。

③ 魚などの生体のストレスや怯えを軽減する効果がある

水槽内の魚は、前後左右から光が入ってくる状態では常に全ての方向を警戒していなければなくなるため、ストレスになります。

特に警戒心の強い魚の場合、ちょっとした振動などで強く怯えることがありますが、水槽背面に黒色などのバックスクリーンを貼ると多少落ち着くことがあります。

臆病な魚の場合は、背面だけでなく側面にもバックスクリーンを貼り、警戒心やストレスを軽減して飼育したほうが良い場合もあります。

また、魚はストレスを抱えていると色が抜けることがあるので、水槽用バックスクリーンを使用すると発色が良くなる場合もあります。

④ 魚の体色や水草の色が映える

バックスクリーンの色などにもよりますが、特に黒色などのバックスクリーンを使用すると、熱帯魚や金魚などのきれいな体色や、水草の緑や赤色が映えます。

美しい熱帯魚水槽や水草水槽にしたい場合にはバックスクリーンを使用したほうが良いと思われます。

水槽用バックスクリーンのデメリット

水槽用バックスクリーンのデメリットは以下の通りです。

① 水槽内が若干暗くなる

水槽用バックスクリーンを背面に使用した場合、本来背面から入ってくる部屋の光が入らなくなるため、若干水槽内が暗くなります。

特に水槽用照明を使用しておらず、部屋の照明だけで飼育している場合は、バックスクリーンを貼らないときと比較して暗くなるので注意が必要です。

電球色のダウンライトしかない部屋だったりすると、水槽用照明なしでは下の画像のように水槽内はだいぶ暗くなります。

水槽用バックスクリーンを使用すると水槽内は若干暗くなる

水槽用照明を設置している場合は上からしっかり光が入るので大きな問題はないです。

② 水槽の写真を撮るときに映り込みが起きやすくなる

水槽用バックスクリーンを貼っていると、水槽前面から入った光が水槽背面で透過せずに一部が反射してくるため、水槽の写真を撮った時に自分や水槽の前にある周りのものが写ってしまうことが多くなります。

直接水槽を見る分にはあまり映っている様には見えないのですが、カメラを通すとくっきりと映ってしまうのです。

特に水槽用照明をつけていないと、下の画像のように映り込みが顕著になります。

水槽用バックスクリーンを使用すると写真撮影時に映り込みが起きやすくなる

撮影している自分だけでなく棚やソファーまでしっかり映ってしまっています。

水槽用照明を強くし、黒っぽい服や手袋を身に着けたり、黒い布や紙などの暗い色のものを水槽の前に置いて、それ以外のものを水槽の前に置かないようにするなどの対策をすることによって、ある程度映り込みは防ぐことが可能です。

③ 水槽の背面からは観察できなくなる

水槽用バックスクリーンを貼った側からは中の様子を観察することはできません。

水槽を部屋の真ん中において観察したい場合など、前後左右から水槽を見たい場合は、バックスクリーンは使用できなくなります。

この場合は、あまり警戒心が高くない魚を飼育するのが無難です。

水槽用バックスクリーンは本当に必要?

水槽用バックスクリーンは絶対に必要というわけではなく、なくても魚の飼育自体は可能です。

水槽用バックスクリーンを使用すると生体のストレスや怯えを軽減できるので、特に日淡などの臆病な魚を飼育したい場合は使用したほうが良いかもしれません。

川魚など、非常に警戒心の強い魚の場合、ちょっとした振動や照明の変化で怯えて暴れたりすることがありますが、背面と側面にバックスクリーンを貼ることによって多少落ち着くようになることもあります。

魚が怯えて困っている方などは水槽用バックスクリーンの導入を是非おすすめします。

他にも、水草水槽や熱帯魚水槽など、きれいな水景を演出したい場合や、コードやチューブ、配管などが見えて気になる場合などは水槽用バックスクリーンは非常に効果的であり、使用するのが望ましいです。

まとめ

水槽用バックスクリーンとは、水槽の背面や側面に貼り付ける様々な色や柄のフィルムや板のことです。

水槽用バックスクリーンを使用すると、バックスクリーンの裏は見えなくなるのでヒーターのコードやエアレーションのチューブ、配管などを隠せます。

きれいな水景の写真のバックスクリーンであれば、水槽内に水草や流木を入れなくても美しい水槽を演出できますし、無地のバックスクリーンであれば、水槽の見た目を引き締めて熱帯魚や金魚などのきれいな体色や、水草の緑や赤色が映えます。

また、魚などの水槽内の生体のストレスや怯えの軽減効果もありますので、臆病な魚を飼育する場合は非常に有用です。

水槽用バックスクリーンのデメリットは、光が入る面が少なくなるので若干暗くなること、水槽の写真を撮った時に映り込みが起きやすくなること、バックスクリーンを貼った側から観察ができなくなることです。

水槽用バックスクリーンは絶対に必要なのかというと、そういうわけではなく、なくても魚の飼育は可能です。

水槽内の魚などのストレス軽減や配管を隠したり、熱帯魚や水草の色を美しく演出したい場合などは水槽用バックスクリーンは非常に効果的であり、使用したほうが良いと思われます。

水槽用バックスクリーン
各メーカーより様々な水槽用バックスクリーンが販売されています。




おすすめ記事

この記事を読んでいる方はこちらの記事もおすすめです。

水槽用バックスクリーンの色や柄の種類と効果は?おすすめを紹介!!水槽用バックスクリーンには様々な色や柄のものがあり、どのようなものにするべきか迷う方も多いと思います。ここでは水槽用バックスクリーンの色や柄別の効果やデメリット、選び方について詳しく解説し、水槽ジャンルに応じたおすすめの色も紹介していきます。...
水槽用バックスクリーンの貼りつけ方とコツを徹底解説水槽にバックスクリーンを貼ると水槽を美しく演出でき、他にも様々な効果があります。ここでは水槽用バックスクリーンの貼りつけ方と、きれいに仕上げるためのコツについて詳しく説明していきます。これからバックスクリーンを貼ろうとしている方は必見です。...
水槽用バックスクリーンの種類と代用品のアイディア市販されている水槽用バックスクリーンには様々な種類があり、貼りつけ方法にも違いがあります。ここではそれぞれの特徴やデメリットなどを詳しく解説します。また、水槽専用のバックスクリーン以外を代用品として使用するアイディアもご紹介します。...

関連記事のまとめ

アクアリウムにおける水槽台や水槽用マット、水槽用バックスクリーンについて詳しく知りたい方へのおすすめ記事をまとめています。

水槽台・水槽用マット・バックスクリーン【メニュー】アクアリウムで水槽を使用する場合は、専用の水槽台と水槽用マット、水槽用バックスクリーンを使用するのが望ましいです。このページでは、水槽台や水槽用マット、バックスクリーンの必要性や使い方、選び方などについての記事をまとめています。...

新着記事

メダカの室内飼育に必要なものを徹底解説!!メダカ飼育を始めよう!!メダカは可愛らしく人気があり、飼育も簡単なのでアクアリウムの入門にも適した魚です。このページではメダカの室内飼育に必要なものを詳細に紹介します。これからメダカ飼育を始める方やメダカ初心者に参考にしていただければと思います。...
人気のメダカの種類を紹介!値段や初心者におすすめのメダカも解説!メダカの品種は500種類以上になっています。このページでは、メダカの中でも基本となる品種のメダカや人気のある改良品種のメダカを紹介し、初心者向けのメダカや、屋内飼育や屋外飼育などの飼育環境に応じたメダカの選び方についても詳しく解説します。...
メダカの形態や生態、習性を知ろう!!メダカ飼育の参考にもなります!!メダカは観賞性の高さや飼育の簡単さなどから観賞魚の中でも高い人気があります。このページではメダカの形態や生態、習性など、メダカ飼育にも役立つ情報を詳しく解説します。メダカ飼育をしている方やこれから飼育を始める方にも参考にしていただければと思います。...
水槽用水温計の種類と特徴を徹底解説!!選び方やおすすめも紹介!!アクアリウムにおける水槽での生体飼育では水温の管理が非常に重要であり、水槽用水温計を設置することが望ましいです。このページでは、水槽用水温計の種類や特徴について詳しく解説し、選び方やおすすめも紹介します。...




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA