水槽台・水槽マット・バックスクリーン

水槽用バックスクリーンの貼りつけ方とコツを徹底解説

水槽用バックスクリーンの貼りつけ方とコツを徹底解説

水槽にバックスクリーンを貼ると水槽を美しく演出でき、他にも様々な効果があります。

水槽用バックスクリーンには、セロハンテープなどを用いて貼りつけるタイプのものや、テープ類を使わず水槽に直接貼りつけるタイプのものなどがあります。

水槽に直接貼りつけるタイプのバックスクリーンは、水槽周りから見てもテープなどが見えず、非常に美しく仕上げることが可能です。

このタイプのバックスクリーンをきれいに貼るためには、いくつか用意しなければならないものやコツがあります。

一見器用さが必要なように見えるかもしれませんが、やってみると意外と簡単にできます。

ここでは、水槽用バックスクリーンの貼りつけ方とコツについて詳しく説明していきます。




水槽に直接貼りつけるタイプのバックスクリーンの場合は、以下のものが必要になります。

① 水槽用バックスクリーン

水槽に貼りつけるバックスクリーンです。好きな色や写真のものを選びましょう。

水槽に直接貼りつけるタイプの水槽用バックスクリーン
各メーカーより様々な水槽用バックスクリーンが販売されています。

② スプレーボトル・霧吹き

スプレーボトルや霧吹きは、薄めた中性洗剤をスプレーするのに使います。

100円ショップでも購入することが可能です。

③ 中性洗剤

バックスクリーンは薄めた中性洗剤液で貼りつけます。

洗剤は必ず中性洗剤を使用するようにしてください。

④ へら・スクレーパー

へらやスクレーパーは、水槽とバックスクリーンの間に入ってしまった空気を押し出したり、しわを除去するために使用します。

可能ならゴムへらかシリコンなどの柔らかいスクレーパーを使用するのが良いですが、なければ定規やカード類などで代用は可能です。

鋭利な物や尖っているものはバックスクリーンを傷つける原因になるので避けたほうが無難です。

心配であれば以下のような、直接水槽にフィルムを貼るタイプのバックスクリーンをきれいに貼るための専用の道具セットも販売されているのでそちらを使用すると良いと思います。

リンテックコマース フィルム貼り道具セット  HT-065
バックスクリーンを水槽に貼る際に便利な道具の一式セットです。
スプレー容器、カッターナイフ、三角ヘラ、ヘラが各1個ずつセットになっています。

⑤ はさみ・カッター

ハサミは、水槽よりもバックスクリーンが大きすぎるときに、事前に適度な大きさに切っておくために使用します。

カッターは、水槽にバックスクリーンを貼りつけた後、はみ出ている部分を切り落とすために使用します。

切れ味が悪いときれいに切れないので、使用する前に新しい刃に交換しておくと良いです。

⑥ タオル・ビニールシート

作業中は、水槽にスプレーした薄めた洗剤の液が床にこぼれます。

床にタオルを敷いておき、水をすぐに拭き取れるようにタオルは複数用意しておくとよいでしょう。

床にビニールシートか、なければ大きなごみ袋を切り開いて敷いておいて、その上で作業をするとより安心です。

バックスクリーンの貼りつけ方

① バックスクリーンを適切な大きさにカットする

バックスクリーンは、水槽より大きなものを貼りつけて余った部分をカットするのが一般的ですが、水槽よりもあまりに大きいものの場合は貼りつけ作業がやりにくいです。

バックスクリーンは水槽より数センチ大きい程度まで、ハサミを使って事前にカットしておきましょう。

バックスクリーンを貼る前に適切な大きさにカットしておこう

② 中性洗剤スプレーボトルの準備

バックスクリーンを水槽に貼りつけるための、薄めた中性洗剤液を作ります。

スプレーボトルや霧吹きに水を入れ、中性洗剤を入れて軽くかき混ぜます。

中性洗剤の濃度は水100㎖に対して1~数滴程度です。

必ず中性洗剤と書かれている商品を使用してください。

③ 作業場所にタオルやビニール袋を敷く

作業中は、中性洗剤液が床にこぼれます。

作業場所にビニールシートを敷くか、なければ大きいごみ袋を切り開いて敷いておくとより安心です。

水槽の下にはタオルを敷いておくと、中性洗剤液をしっかりと吸い取ることができます。

お風呂場など、水がこぼれても大丈夫な場所で作業するのもおすすめです。

その場合にも、水槽の傷つき防止や安定のために、下にタオルは敷いて作業を行いましょう。

④ 水槽についたごみや油汚れを除去する

バックスクリーンを貼る前に、水槽についたごみや油などの汚れをきれいに除去します。

タオルを使って乾拭きしたり、②で準備した中性洗剤スプレーをかけてタオルで拭いても良いです。

ごみが残っていると、バックスクリーンがその部分だけ浮き上がったりして見栄えが悪くなるので注意しましょう。

水槽用バックスクリーンを貼る前に水槽に付着しているごみや油汚れなどを拭き取ろう

⑤ 水槽に薄めた中性洗剤液をスプレーする

水②で準備した薄めた中性洗剤液を、水槽のバックスクリーンを貼りつける部分にスプレーします。

このとき、貼りつける部分がビタビタになるくらいたっぷりとスプレーするようにしてください。

水槽とバックスクリーンの間にしっかりと中性洗剤液が入ることによって滑りが良くなり、後の作業がしやすくなったり、気泡の除去もやりやすくなります。

水槽用バックスクリーンを貼る前に水槽にたっぷりと薄めた中性洗剤液をスプレーしよう

⑥ バックスクリーン側にも薄めた中性洗剤液をスプレーする

水槽だけでなく、バックスクリーンの貼りつけ面にも薄めた中性洗剤液をスプレーします。

水槽だけにスプレーをする人も多いですが、バックスクリーンにもスプレーをしたほうが作業もしやすく、気泡の除去も容易になり、きれいに仕上げることが可能です。

水槽用バックスクリーンを貼りつけるときはバックスクリーン側にも薄めた中性洗剤液をスプレーしよう

⑦ 水槽にバックスクリーンを貼りつける

水槽にバックスクリーンを貼りつけます。

大きい水槽の場合は二人で貼りつけた方が楽ですが、貼りつけ時にはごみが入ったりバックスクリーンが折れて跡がついてしまったりしなければ、多少の気泡やしわは後で除去できるので、一人で貼りつけてもそれほど難しい作業ではありません。

水槽にバックスクリーンを貼りつける

⑧ 気泡やしわを取り除く

へらやスクレーパーを用いて、水槽とバックスクリーンの間に入ってしまった気泡やしわを伸ばしていきます。

ゴムへらやシリコンなどの柔らかい素材のスクレーパーが良いですが、なければ直定規や三角定規、カードなどでも代用可能です。

鋭利なものや一部が尖っているものを使用してしまうと、バックスクリーンに傷がついてしまう可能性がありますので注意してください。

気泡やしわの除去の際は、へらやスクレーパをかける面にも中性洗剤液をスプレーしておくと、滑りが良くなってやりやすくなります。

水槽中心から外側に向かって中性洗剤と一緒に気泡を押し出して、しわも伸ばしていく感じです。

この時、水槽の端から中性洗剤がこぼれ出るので、下にはタオルなどを敷いておくと良いです。

もし、水槽とバックスクリーンの間にごみが入ってしまい、凹凸ができてしまった場合は、その部分だけバックスクリーンをはがして、中性洗剤をスプレーしてごみを吹き飛ばして除去します。

後はまた貼りつけて気泡やしわの除去をすれば大丈夫です。

難しそうに見えるかもしれませんが、やってみると意外と簡単にきれいにできます。

へらやスクレーパーを用いて水槽用バックスクリーンの気泡やしわを除去する

⑨ バックスクリーンの余った部分を切り取る

気泡を取り除いてきれいに貼りつけが完了したら、水槽からはみ出たバックスクリーンをカッターで切り取ります。

カッターは切れ味が悪いとギザギザになってしまったり、きれいに切れないので、切れ味が良いものを使用しましょう。

事前に刃を一つ折って新しい刃に変えておくと良いです。

片手ではみ出たバックスクリーンを軽く引っ張り、水槽の端に沿ってカッターを滑らせると簡単に切り取ることができます。

水槽用バックスクリーンのはみ出た部分をカッターで切り取る

⑩ 仕上げ

ここまでくればほぼ完成ですが、最後に残った細かい気泡をまたへらやスクレーパーを用いて押し出していきます。

後はこぼれた中性洗剤液をしっかり拭き取り、しばらく置いておきます。

その後、水槽内部に中性洗剤液が入ってしまっている可能性が高いので、水槽内部のみ水で洗い流すか、水で濡らしたタオルと乾いたタオルで交互に何回か吹けばOKです。

まとめ

水槽にバックスクリーンを貼ると水槽を美しく演出でき、他にも様々な効果があります。

水槽に直接貼りつけるタイプのバックスクリーンは、水槽周りから見てもテープなどが見えず、非常に美しく仕上げることが可能です。

このタイプのバックスクリーンをきれいに貼るためには、いくつか用意しなければならないものやコツがあります。

用意するものは、お好みの水槽用バックスクリーンの他、スプレーボトルや霧吹き、中性洗剤、へらやスクレーパー、はさみやカッター、タオルやビニールシートです。

貼りつけ手順は、事前にバックスクリーンを水槽より少し大きい程度にハサミでカットしておき、水槽についたごみや油汚れなどを拭き取ってから、薄めた中性洗剤液を水槽とバックスクリーンの貼りつけ面にたっぷりとスプレーし、貼りつけます。

その後、へらやスクレーパーなどを用いて、中性洗剤液を押し出すような感じで気泡やしわを取り除き、水槽からはみ出たバックスクリーンの余分な部分をカッターで切り取ります。

仕上げにもう一度へらやスクレーパーなどを用いて残った細かい気泡を取り除き、水槽内に入ってしまった洗剤液を洗い流すか拭き取れば完成です。

一見難しく思えるかもしれませんが、やってみると意外と簡単にきれいに仕上げることができますので、是非挑戦してみてください。

リンテックコマース フィルム貼り道具セット  HT-065
バックスクリーンを水槽に貼る際に便利な道具の一式セットです。
スプレー容器、カッターナイフ、三角ヘラ、ヘラが各1個ずつセットになっています。




おすすめ記事

この記事を読んでいる方はこちらの記事もおすすめです。

水槽用バックスクリーンは必要?効果やデメリットは?水槽用バックスクリーンにどのような効果があるのか知らないという方は意外と多いと思います。ここでは水槽用バックスクリーンの役割や効果、デメリットについて詳しく解説し、本当に必要であるかどうかを考えていきます。バックスクリーンを購入するか迷っている方は必見です。...
水槽用バックスクリーンの色や柄の種類と効果は?おすすめを紹介!!水槽用バックスクリーンには様々な色や柄のものがあり、どのようなものにするべきか迷う方も多いと思います。ここでは水槽用バックスクリーンの色や柄別の効果やデメリット、選び方について詳しく解説し、水槽ジャンルに応じたおすすめの色も紹介していきます。...
水槽用バックスクリーンの種類と代用品のアイディア市販されている水槽用バックスクリーンには様々な種類があり、貼りつけ方法にも違いがあります。ここではそれぞれの特徴やデメリットなどを詳しく解説します。また、水槽専用のバックスクリーン以外を代用品として使用するアイディアもご紹介します。...

関連記事のまとめ

アクアリウムにおける水槽台や水槽用マット、水槽用バックスクリーンについて詳しく知りたい方へのおすすめ記事をまとめています。

水槽台・水槽用マット・バックスクリーン【メニュー】アクアリウムで水槽を使用する場合は、専用の水槽台と水槽用マット、水槽用バックスクリーンを使用するのが望ましいです。このページでは、水槽台や水槽用マット、バックスクリーンの必要性や使い方、選び方などについての記事をまとめています。...

新着記事

粘膜保護剤は魚の病気予防に有効?効果やデメリット・おすすめを徹底解説!!アクアリウムで魚などを飼育する際に水槽に添加するものとしては、塩素中和剤(カルキ抜き)や粘膜保護剤、水質調整剤など様々なものがあります。このページでは粘膜保護剤のメリットとデメリットについて詳しく解説し、おすすめの製品も紹介します。...
カルキ抜きは必要?残留塩素の危険性やおすすめのカルキ抜きの方法を徹底解説!!日本の水道水にはカルキ(残留塩素)が含まれており、そのまま使用してしまうと魚などの生体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。このページでは、残留塩素の危険性やカルキ抜きの方法とその特徴を紹介し、水槽の環境に合ったカルキ抜きの方法や製品についても詳しく解説していきます。...
メダカと日淡の混泳の相性やおすすめを徹底解説!エビや金魚・鯉との相性も!メダカを日本産淡水魚(日淡)と混泳させてみたいという人は多いです。しかし、日淡は泳ぎが上手く大型になる種類が多いので、混泳できる種類は限られてきます。このページでは、メダカと混泳できる日淡の種類や相性、注意点やおすすめについて詳しく解説します。...
水槽用冷却ファンのメリットやデメリットと逆サーモも含めたおすすめ製品を紹介!!アクアリウムにおける夏場の高水温対策には、エアコンや水槽用クーラー、冷却ファンなどを使用する方法があります。このページでは、水槽用冷却ファンによる水槽の高水温対策のメリットやデメリットについて詳しく解説し、逆サーモスタットを含めたおすすめの製品についても紹介していきます。...




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA